スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京二期会オペラ劇場『ドン・カルロ』

ドン・カルロ。私がヴェルディ作品の中で一番好きなオペラであり、オタクになった要因であります。しかし生の舞台を観たことがありませんでした。やっぱりヴェルディにはこだわりたいんです。中でもカルロは。

ドン・カルロ(ス)はオペラ座でフランス語5幕が初演されましが、その上演時間の長さから失敗したそうです。その後努力家のヴェルディが何度も改訂を重ねたため、フランス語、イタリア語、4幕、5幕版などいくつも版があります。そういった経緯からも、数多あるオペラの中でとりわけドン・カルロは演出が命です。公演の数だけ別の物語があるといってもいいかもしれません。

日本の公演はコスト面で4幕版が多いようですが、今回の公演は5幕版で二期会と東京交響楽団の演奏にデイヴィット・マクヴィガーの演出。これは行きたい。ということで観に行きました。

海外の有名な演出家との二期会のオペラを見るのはこれで二度目です。有名な歌劇場の来日公演に比べてチケットが取り易く、演奏も演出もちゃんとしているのにコスパも良くて嬉しい。オペラの敷居の高さに懸念されている方、おすすめです。

1409_06.jpg
「ドン・カルロ」(ヴェルディ作曲)
ドイツ・フランクフルト歌劇場との提携公演
公演:2013年2月23日 東京文化会館 大ホール
指揮:ガブリエーレ・フェッロ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
フィリッポ二世:ジョン ハオ
ドン・カルロ:山本耕平
ロドリーゴ:上江隼人
宗教裁判長:加藤宏隆
エリザベッタ:横山恵子
エボリ公女:清水華澄
テバルド:青木エマ
修道士:倉本晋児
レルマ伯爵:木下紀章
天よりの声:全詠玉
6人の代議士:岩田健志、勝村大城、佐藤 望、野村光洋、門間信樹、湯澤直幹
東京都交響楽団、二期会合唱団

ストーリー
スペインの王子ドン・カルロは婚約者のフランス王女エリザベッタとフォンテーヌ・ブローの森で出逢い恋に落ちる。しかしスペインとフランスの和平協定のため、エリザベッタは王子のカルロではなくスペイン王フィリッポ2世に嫁ぐことになる。悲嘆に暮れているカルロの元へ忠臣ロドリーゴがフランドル遠征から戻り、スペインに弾圧をされているフランドルを救ってほしいとカルロに嘆願する。フィリッポ2世は王である自分へ唯一人歯に衣着せぬ発言をするロドリーゴを気に入り腹心に据えるが、ロドリーゴへ宗教裁判長に注意をしろと念を押す。

↓ レビューは続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Giuseppe Verdi
ジャンル : 音楽

マエストロ、クラウディオ・アバド追悼スペシャル

!ATTENZIONE:ヴェルディの話題となるとスカラ座のオヤジたちのパッシオーネが降臨して言葉が荒くなりますので予めご了承下さい。

先日ちらとツイッターを見ていたらどこかの国で『アバドの追悼コンサートが開かれます』とのニュースが目に入りました。

!????

追悼!?

即座に『クラウディオ・アバド』で検索すると、wikipwdiaの表示が『死没:2014年1月20日, イタリア ボローニャ』と更新されていました。

い、一週間前にお亡くなりになってますが。。。

ニュースでなんーーーーにも報道されてないんですけど、、、

どういうこったァッ!!!! 現代最高峰の指揮者だぞごらぁああ!!!!

ということでアバド先生追悼スペシャルをします。

ミケ美的3大現役ヴェルディマエストロ(ゲルギエフ、ミョンフン&)アバド先生の生演奏を聴く夢が叶いませんでした。しかし天国でミケ美的3大ヴェルディ神マエストロ(トスカニーニ、セラフィン&)アバドのドリームコンサートが開催されてエライことになってそうです。本物の神様になってしまわれた。

アバド先生追悼スペシャルということで、ヴェルディのレクイエムの名盤、ベルリンフィル01年のゲオルギューのリベラ・メを。私が色々聴いた中でこれ以上無い最高のリベラ・メです。

ヴェルディ作曲『レクイエム』全曲(2001年、公開録音)
指揮: クラウディオ・アバド
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン放送合唱団、エリック・エリクソン室内合唱団、オルフェオン・ドノスティアーラ合唱団
アンジェラ・ゲオルギュー(S)
ダニエラ・バルチェッローナ(Ms)
ロベルト・アラーニャ(T)
ジュリアン・コンスタンティノフ(Bs)

本当に何度観ても聴いても素晴らしい録音。アバドの演奏を初めて聴いたのはTVで観たこのライブ映像でした。そして色々なレクイエムを聴き比べてみましたがこの録音は(出だしのキリエでアラーニャがポシャった以外)最強最高完璧です。DVD再販してほしいです。

ちなみにキリエはバレンボイム指揮のドミンゴが最強です。

ヴェルディ作曲『レクイエム』全曲(録音1993年)
指揮: ダニエル・バレンボイム
シカゴ交響楽団、合唱団
アレッサンドラ・マーク(S)
ヴァルトラウト・マイヤー(Ms)
プラシド・ドミンゴ(T)
フェルッチョ・フルラネット(Bs)
ドミンゴの闇を貫く光のように輝くキリエは圧巻です。ドミンゴを勝手に切り込み隊長と呼ぼう。ってアバド先生の追悼スペシャルでした。

それから色々ヴェルディのCDを聴き比べてみましたが、どれもアバドの録音が最もまとまりがあり、完成度が高く、とりわけ合唱が素晴らしいと感じました。ヴェルディの音楽って理屈じゃないんです! 感情、情熱、魂、愛、そういった言葉や形にできない、内側から迸るものを本能的に表現できる人、それはやっぱり同じイタリア人、その中でもアバド。私にとってアバドはリアルタイムでヴェルディの魂を形にして聴かせてくれた大指揮者です。

とはいえアバド先生の残した膨大な録音の遺産を聴く時間はまだまだたっぷりあります。これからもずーっとごひいきにします。ちなみにポストアバド先生の席は今のところ佐渡裕先生が有力候補であったり。佐渡先生、マエストロ・アバド追悼記念コンサートということで日本でレクイエム振ってくださいっ! あ、ミケ美的3大現役ヴェルディからイタリア人が居なくなってしまう。なんてことだ。がんばれイタリアのクラシック奏者。

あと一つアバドのヴェルディの名盤を紹介。

ヴェルディ作曲『ドン・カルロス』全曲(録音1984年)
指揮: クラウディオ・アバド
ミラノ・スカラ座管弦楽団、合唱団
ルッジェロ・ライモンディ(Bs,フィリップ2世)
プラシド・ドミンゴ(T,カルロス)
レオ・ヌッチ(Br,ロドリーグ)
ニコライ・ギャウロフ(Bs,大審問官)
カーティア・リッチャレッリ(S,エリザベート)
ルチア・ヴァレンティーニ・テッラーニ(Ms,エボリ公女)

このCDはドン・カルロスの完全版で決定版!

希少なフランス語録音であり、更に改訂されて付け加えられたナンバーを補足という形で収録されています。つまり異なる数パターンのフィナーレが収録されています。特に王妃のバレエが収録されているCDはこれ以外聴いたことがありません。ヴェルディファン、特にドン・カルロマニア必聴の名盤です。

そしてこのキャストをご覧あれ! 低音フェチがヨダレを垂らして喜ぶ大スターが勢揃いです。アバド&スカラ座の演奏はもう言うこと無し。とりわけ3幕の合唱は本当に素晴らしいです。ブラヴィッシモ!!!!

ドミンゴの『フォンテーヌブロー!』(ようつべにこれしかなかった)をどうぞ。

カ◯ヤンカラ◯ンってしゃれくせぇ、ヴェルディは黙ってアバド!

私の前世はきっとスカラ座でヤジを飛ばす天井桟敷のオヤジ軍団の一人だったに違いない。

アバド先生はご冥福お祈りしなくても天国で第三の人生をエンジョイされてそうです。リアルタイムあでっそ。

1405_01.jpg

Maestro Abbado, Amen.

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

テーマ : Giuseppe Verdi
ジャンル : 音楽

METライブビューイング『仮面舞踏会』

イタ検受験期間に観に行ったMETライブの話題。

1310_01.jpg
「仮面舞踏会」(ヴェルディ作曲)
収録:2012年12月8日 メトロポリタン歌劇場
演出:デイヴィッド・アルデン
指揮:ファビオ・ルイージ
グスタヴ3世(リッカルド):マルセロ・アルヴァレス
アンカーストレム(レナート):ディミトリ・ホヴォロストフスキー
アメーリア:ソンドラ・ラドヴァノフスキー
ウルリカ:ステファニー・ブライズ
オスカル:キャスリーン・キム
ホーン伯爵:キース・ミラー
リッビング伯爵:デヴィッド・クロフォード

ストーリー
ボストン総督のリッカルドは右腕で友人であるレナートの妻アメリアに想いを寄せている。ある日リッカルドと部下達は世間を騒がしている女占い師ウルリカの元へ潜入する。変装をしたリッカルドはウルリカに自分の運命を占わせると「これから最初に握手をする者に殺される」と不吉な予言をされる。

1310_0.jpg

イル・トロヴァトーレと同じくアルヴァレス、ホロストフスキー、ラドヴァノフスキーによるヴェルディ。仮面舞踏会はMETの古典演出のパヴァロッティとヌッチが出ている映像を観たことがありますが、音楽は良いけど話がおもしろくないと思いました。今作は現代演出に一掃し、わざわざホームタウンのアメリカの舞台を初稿のスウェーデンに戻すほどの気合いの入れようから、いっそガラリと変えちゃった方が面白いのかもね(本心:うっは、マフィアディーマ萌え〜っ♪)と今シーズンで一番楽しみにしていました。ただし現代演出が地雷の予感がしたのでお一人さまで観覧。

レビューは続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : Giuseppe Verdi
ジャンル : 音楽

フェニーチェ歌劇場日本公演2013オテロと代官山イータリー

ついに私のヴェルディ生誕200周年記念ラストのイベント。ミョン様のオテロです(チケット争奪戦の過去記事はこちら)。

場所は渋谷のBunkamuraオーチャードホール。ついでに一駅隣の代官山にある、気になっていたイータリーに行ってみました。

1308_01.jpg

ホームページで見た印象よりもこじんまりした感じです。品揃えはカルディとかとそれほど変わらないかな。イタリアのスーパーとかで売っている商品が買えるものと一方的に思い込んで行ったので勝手にがっかり。特に乾燥ポルチーニなんて容量も値段も日本の倍! イタリアでもっと買ってくればよかったなぁ。

隣接のバールでお食事。ホームページにはピザとかパスタとか書いてありましたがレストランが空いている時間でないと注文できないようです。残念。そこでパニニーニ、コーヒー、デザートを注文。

1308_04.jpg

この炭水化物っぽさ、この胃に残る甘さ、紛れも無くイタリアの味!

食後のジェラートは別腹です。

1308_03.jpg

これも懐かしいイタリアの味。ちなみにお値段1カップ2玉で500円。やっぱり値段は倍。でもおいしい!

オーチャードホール横のバールも十分おいしいので代官山に寄ることは無いかもしれませんが、イタリアの味が懐かしくなったら来てみてもいいかも。今度はイートインで食べてみたいです。ピザ食べたかった!

そして途中のファミマでジャガビーとジャスミン茶を購入。甘いものを食べた後手軽にしょっぱいものが手に入る、日本バンザイ!

私としたことが当日キャスト表を貰ってくるのを忘れてしまった! ということでキャストはホームページから抜粋です。

1308_06.jpg
「オテロ」(ヴェルディ作曲)
公演:2013年4月17日 Bunkamura オーチャードホール
指揮:チョン・ミョンフン
演出:フランチェスコ・ミケーリ
オテロ:グレゴリー・クンデ
デズデーモナ:リア・クロチェット
ヤーゴ:ルーチョ・ガッロ
カッシオ:フランチェスコ・マルシーリア
ロデリーゴ:アントネッロ・チェロン
エミーリア:エリザベッタ・マルトラーナ
ロドヴィーゴ:マッティア・デンティ
モンターノ:マッテオ・フェラーラ
フェニーチェ歌劇場管弦楽団・合唱団

ストーリー
ムーア人でありヴェネツィア将軍オテロの元で旗手をしているヤーゴは、オテロが女たらしのカッシオを副将にしたことを怨んでいる。そしてオテロの妻デズデーモナに想いを寄せる同僚のロデリーゴを唆し、宴の席でカッシオを酔わせ暴力事件を起こさせる。カッシオを罷免させることに成功したヤーゴはオテロに取り入り、デズデーモナはカッシオと不貞な関係であると吹き込む。

ヴェルディの最高傑作! そして忘れてはならないのはボーイトによる文学的な素晴らしい台本。音楽としても劇としてもこれ以上の古典オペラはありません。世界遺産認定よろしくおねがいします。

レビューは続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : Giuseppe Verdi
ジャンル : 音楽

新国立劇場開場15周年記念公演『アイーダ』

ついにこのブログを立ち上げた目的の、女一人イタリア旅に行って来ました! でもブログでまだまだ旅が続けられるので楽しみは当分終わりません♪

今回の旅でもおもしろい情報をたくさんゲットしてきたのではやくお伝えしたいところですが、とりあえずはまだまだ母娘2人旅が続きます。

の前に旅行前行って来たオペラのレポートを……
まったく、書くことが多すぎて楽しすぎるぜ!(自己肯定)

1306_01.jpg
「アイーダ」(ヴェルディ作曲)
公演:2013年3月11日 新国立劇場
指揮:ミヒャエル・ギュットラー
演出・美術・衣裳:フランコ・ゼッフィレッリ
照明:奥畑康夫
振付:石井清子
アイーダ:ラトニア・ムーア
ラダメス:カルロ・ヴェントレ
アムネリス:マリアンネ・コルネッティ
アモナズロ:堀内康雄
ランフィス:妻屋秀和
エジプト国王:平野 和
伝令:樋口達哉
巫女:半田美和子
新国立劇場合唱団、東京交響楽団

ストーリー
エジプトに制圧されたエチオピアの王女アイーダは、エジプトの王女アムネリスの奴隷に身を落としているが、エジプトの将軍ラダメスと秘密の恋人同士である。ラダメスはエジプト制圧の恩賞に奴隷の解放を王に求め、アイーダを自由な身分にしようと目論むが、王からは褒美に娘のアムネリスの夫とし、息子として迎えると言い渡される。ラダメスを愛するアムネリスは二人の秘密を知り激怒する。

このオペラ特に内容はありません。音楽とスペクタルショーを楽しむ演目です。言葉が分からなくても楽しめ外国人受けするからか、現代でも屈指の人気を誇りヴェローナの夏の風物詩となっています。日本でもおなじみ子供から老人まで知っているサッカーのあの曲。

長いので気になる方は続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : Giuseppe Verdi
ジャンル : 音楽

プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。