スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ、パラティーノの丘

パラティーノの丘の入り口でコロッセオとの共通券を購入し入場。一歩踏み入れるとそこには古代ローマの世界。これですこれこれ、待ってたのはこの雰囲気、これぞ日本人の想像するローマ。

1321_01.jpg

1321_02.jpg

1321_15.jpg

憧れのヨーロッパ庭園に来てテンション上がりまくりです。ガイドブックの掲載は少ないし、朝一番ということで人が全然居ません。この雰囲気、静かな朝の森林浴を堪能できて最高です。公園好きは必見のスポット。

ローマの松はとにかく背が高い。日本の3倍くらいのスケールで圧倒されます。

1321_03.jpg

タンポポのようなデイジーのような丈の短い野花がたくさん咲いていました。日本ではみたことがない花です。かわいい♪

1321_05.jpg

修復作業をするひとたち。

1321_04.jpg

なにかの跡地。過ぎ去った歴史に想いを馳せます。全然詳しく無いのにロマンチックな気分になれます。

1321_06.jpg

1321_07.jpg

どこを見ても物語の挿絵のような牧歌的な雰囲気。

1321_08.jpg

1321_09.jpg

2月末でしたが一足先に桜が咲いていました。桜を見ると異常に興奮してしまうのが日本人の性。

1321_10.jpg

後に旅番組を見ていたら、ヨーロッパのこの桜のような木はアーモンドだということが判明しました。それにしても桜にそっくり。ゴッホが桜の絵を描いてたと思っていましたがぐぐってみるとアレも『花咲くアーモンドの木』でした。

よく映画で出て来るような迷路っぽい生け垣の庭園にまたテンション上昇。この庭園が後にフランスのベルサイユ宮殿に影響を与えたとかなんとか。

1321_11.jpg

遺跡をふらふら散策しているとコロッセオが!

1321-12.jpg

コロッセオが遠景に収まる穴場記念撮影スポット発見! こんなの公開しちゃったら穴場じゃなくなっちゃうけど、おトク情報は教えたくなっちゃうじゃないっ♪

そして高台から遺跡の周囲がぐるっと見渡せます。

1321_13.jpg

1321_14.jpg

パラティーノの丘についてガイドブックでは「時間があれば寄れば良い」ぐらいの評価でしたが、実際に行ってみると実に雰囲気が良かったです。隣接する3遺跡のうちここが一番雰囲気を味わえた気がします。遺跡好きと公園好きは必見。そして朝一番の新鮮な空気のなか探索するのがオススメです。チケット売り場空いてるしね!

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。