スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリタリアでローマまでフライト

アリタリアは国内線かと思える程、乗客はほぼ日本人でした。お隣のご婦人二人組はツアー客のようで、まず挨拶をしてコミュニケーションを取り、トイレに行き易くなるように計らう。

もちろんCAはイタリア人ですが日本語が普通に通じます。カタコトのイタリア語よりネイティブな日本語の方が理解してもらえます。『イタリア語スピーキング』で覚えて来たような会話は無く、日本語で飲み物や料理の注文を聞かれます。ちょっと拍子抜け。

イヤホンをつけるとヴェルディのオペラが耳に飛び込んできました。ここは天国!? と感動。さすがイタリアの航空会社だわ♪

長距離フライトの旅で楽しみなのが機内エンターテイメント。アリタリアのモニタはこんな感じ。操作しずらい。

1502_01.jpg

ラジオ、映画、ゲームなどがありました。ゲームはいじっていないので分かりませんが、正直しょぼかったです。映画は版権の安そうな三流映画。オペラは最初に耳に飛び込んできたナブッコの音源のみというオチ。アリタリアにはあまり期待しない方が良いです。

プリペイドカードを入れて電話が使用できるサービスが珍しかったです。我々日本人は使わないけど、噂には聞いていましたがそこまで電話好きだとは。

こちらはスナックのサービス。これめっちゃ美味しかったです! 無難にオレンジジュースを頼んだらトマトジュースのように赤い液体が出て来ました。さすがイタリア、シチリア名物ブラッドオレンジジュースです。美味しい。

1502_02.jpg

このスナックほんとに美味しかったのでお土産に買って帰りたかったのですが、空港でアリタリアのANAショップ的な店を探しましたが見当たりませんでした。ググっても出て来ないし、これ市販されていないのでしょうか。つくづくイタリアは商売っ気が無い国である。

機内食はジャパニーズかイタリアンかと尋ねられてここはイタリアン。美味しいと評判のラザニア登場!

1502_03.jpg

定評通り美味しかったです。前回の旅で学んだ、機内食を無理して全部食べないを実行。生ものは食して、クラッカーなど乾きものはお持ち帰り。機内でたらふく食べて、ホテルで晩ご飯としてかじるのであります。夜の空港や外をふらつきたいくないので。

しっかし隣の奥様方、なかなか席を立たない。窓際は席を立ちづらい上に狭くて長時間のフライトは辛いです。辛さを抱えると書いて辛抱。食後のトイレ休憩を見計らって一緒に席を立ちました。

トイレのある後方へ行くと、ドリンクが置いてあって乗客が勝手に取って飲んでいました。ルフトハンザでは30分おきくらい頻繁にドリンクサービスが来ましたが、アリタリアでは食事時以外ありませんでした。セルフサービスということだったようです。これ好きな時に好きな物が飲めていいですね。その横の控え室でCAがゲラゲラ大声で笑っておしゃべりをしており、さすがイタリアと思いました。

13時間のフライトは窓際だと体勢が苦しいですが、直行便は乗り換えの手間や心配が無くラクでした。成田で出発の遅れがあり、遅くなるのではと心配しましたが、予定時間に到着してよかったです。

いよいよ単身イタリアに上陸!

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ 快適な空の旅となったようで良かったですね。ローマから直っていうのが成田着には便利ですよね。到着のローマ楽しい旅の始まりですね。 ワクワクだわぁ。p

florentia55さま

直行便はロストバゲージの心配が無いからいいですね。
ところがこの私が渡航した辺りの日にアリタリアの窃盗事件が起き…
そんなことのためのスーツケースぐるぐるですか……。。。
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。