スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ、バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂!

観るのに1日じゃ足りないと言われるバチカン美術館。しかし前述のように、ローマ滞在時間は1.5日。午前中にサクサクっと観て次へ進む計画です。

お目当ては言うまでもなくミケランジェロファンのメッカ『システィーナ礼拝堂』、物心ついた時からずっと、ここに来るのが夢だったんです!! まっぷるの『バチカン完全ガイド』に『時間が無い場合は見るものを決めて効率良く廻るべし』と書いてあったので、それを見ながら時間配分を脳内シュミレーションしてきました。

しかし案ずるよりも産むが易し。

1304_01.jpg

それぞれすんごい名作揃いなのでしょうが……これひとつひとつじっくり観てったらそりゃ1日じゃ足りないわな。

これら魚有無像の作家達が『フェルメールとその時代展』とかで『その時代の画家』として来日しスポットを浴びることはいいことかもと思いました。

日本の美術館で考えてもらえば分かると思いますが、集中して鑑賞できるのって体力的にせいぜい3時間くらい。しかも似たような絵が多いので最後の方は目が慣れて全部同じに見えてくるという……。オーディオガイドを借りて観たら時間がかかるかもしれませんが、好き勝手に好きなものだけじっくり観ればそれほど時間をとられません。

1304_02.jpg

通路には表札があります。『システィーナ礼拝堂に直行したら帰りがめんどくさい』らしいとどこかで情報を得てきたので順路っぽい方へ行ってみる。結果的に順路通りに進んでいっても時間はあまりかかりませんでした。

お目当てその1。ミケランジェロ伝のメインキャラ、かのラオコーンが庭のモニュメント的にいきなり出現。

1304_03.jpg

来日でもしたら穴の空く程眺めまわすところですが、ラオコーン先生の前を滞在時間1分。 芸術作品は本来置かれている場所で観るべきだ! なんて井の中の蛙ごときが思っていましたが、日本に来た方がゆっくりじっくり鑑賞できてお互いハッピーかもしれません。

内部はこんな感じです。

1304_04.jpg

こんなゴージャスな天井画だらけです。

1304_18.jpg

こういうゴージャスなドームもいっぱいあります。

1304_07.jpg

こういうゴージャスな入り口もいっぱいあります。

1304_06.jpg

各通路のデザインにはコンセプトがあるようです。これはテラコッタ? の天井でしょうか。所々日本のガイド付きツアーが居たのでタダで聴いてしまいました。

1304_08.jpg

お目当てその2。天井がゴージャスな地図の間。通路ではお土産を売ってたりします。もちろんミケランジェログッズを探しましたが……どうも中国製っぽいくたびれた感じ&デザインがいまいちだったので買いませんでした。ぷー。

1304_09.jpg

お目当てその3。見事なタペストリーの間。でもぱっぱか進みます。

1304_10.jpg

こういうフレスコ画もいっぱい。

ラファエロの間は補修中でした。

1304_11.jpg

彼のファンだったら発狂していたと思います。

お目当てその4。アテネの学堂。そりゃミケランジェロが最前列に居るからですよーーッ!

1304_12.jpg

なんか本物は言う程でも…ゲフッ! 所々写真禁止みたいな表札が置いてあったのですが、その表示の横でフツーにみなさんカメラ構えてます。小心者なのでカメラ構えてる人が居たら撮るというスタイルで鑑賞してました。

人が全然居ない現代アートの間。

1304_13.jpg

時間があれば寄りたいと思っていましたが、順路通りに進むと普通に通過します。それにかなり急いだので時間も全然余裕。

ミケ美的一番気に入った作品(ミケランジェロは論外)。

1304_14.jpg

Alice Lok Cahanaさん? やっぱ宗教画なんですかね。これ好き。ニューヨークにでも行ってろって感じですみません。

ついにいよいよメインのシスティーナ礼拝堂の看板が!
ここに来るのがもうずっっっっっっと夢でした!!!
あぁ夢が現実にそこにあります!

1304_15.jpg

残念ながらシスティーナ礼拝堂は前座と違い厳重警備で写真撮れませんでした。
以下文章でご想像ください……というわけにはいかないのでWikipedia様から画像拝借。


* ミケランジェロ信者の愛の叫びにより暑苦しくうっとおしい表現が多々ございますのでニヤニヤしながらスルーしといてあげてください。

1304_17.jpg

なんというかですね…………

言葉にできないですね…………

図録で観るよりも1000倍すごいと言っておきましょうか……

ミケランジェロは天井画を『たった一人で4年かけて描いた』と聴いてきましたが、、、
コレを『たったの4年で一人で描いた』というのか!?

礼拝堂は思ったよりも大きくて、一枚一枚のパーツも想像していたよりずっっと巨大。それだけでかい絵を書き続ける作業となると、どこかに粗が出そうなものですが、どこにも手抜かりが無い。完璧な完成度。さらに『彫刻を彫るように浮き上がらせて描いた』という技法は、本当にその言葉通り! 現代で言うところのトリックアート、これがたかだか1500年ごろの作品なんですよ!!

さらに隣にはこれまた一人で10年掛けて描いたロックフェスティバルみたいな巨大な壁画。その他の壁面にはそれはそれは有名なラインナップがずらり並んでいるのですがバックコーラスと化しています。

ミケランジェロは『人間は神に似せてつくられた最も美しいもの』として考えていたとかで、自然を軽視していたとか言われていますが、私はそれには同意をしかねていました。というのも以前カンボジアへ行った時に、自然がつくったものに人間はかないっこ無いと思い知らされたのですが…………この宇宙のような空間はカンボジアの巨木が生い茂るジャングルと完全に肩を並べていました…………彼は『神の如きミケランジェロと』とか『ルネサンスの巨人』とか言われてますが、これ見たら本当に神とか巨人の他に例えるのもがありません! 『天才を信じぬ者はミケランジェロを観よ』!

これに比べたら今までの全部前座!! 『品行方正』という豪奢な鎧を着飾った宮殿にこんなビックリハウス創っちゃう度胸がある人は前にも先にもこの人ただ一人でしょうッ!?

ミケランジェロは自分は彫刻家だから絵を描くがヤダとずっと言ってたらしいですが、いやいやいやいやいやいや、デザイン力、デッサン力、想像力、どれを観ても彫刻だろうが絵画だろうが『芸術家』という部類で比類無い最高峰です。もんてみけらんじぇろ。ケーキの名前みたいな表現になってしまった。

最後の審判に近づいて観ていたら警備員に注意されました。ケチ!いやすみません! 壁には椅子があってそれに座って鑑賞できますが、アングルが悪いのでずっと上を観てぐるぐる歩いていました。度々人にぶつかりそうになってソーリー。礼拝堂内はかなり薄暗いので、遅い時間に来たら絵がよく見えないかもしれません。

この時も高熱で出歩いていたのですが、実はそれだけでなく首を痛めていまして……『ズッキノン』という肩こり用の塗り薬を薬局で買って持ってきておりこれが大活躍。イタリアの美術館は天井も衣装が凝らしてあるので首凝り対策必須!

ココで2,3時間余裕で時間潰せますが、一般人の連れが居るため空気を読んでお開きにしました。また来たいです!

ヘッドライナーのステージが終わったらフェス終了。その後は1枚写真撮って別腹発動無し。

1304_16.jpg

休もうかと中庭のバール(イタリアのカフェ)へ寄ろうとしたら、なんと時間を省エネしすぎたからかまだ開いていませんでした。1日じゃ足りない美術館を2時間半(うち30分システィーナ礼拝堂)で出て来てしまいました。時間を気にしないでゆっくり訪問した方が楽しめると思いますがしょうがない。また早足でサン・ピエトロ聖堂へ!

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

美しい…!!

眼福v-10
美しい写真をご馳走様でした♪

たくさんの作品が…誘惑の嵐だね(笑)
さすが効率よくまわったみたいだけどv

次のエントリーも楽しみにしてますv-221

アダム

私は大のアダムファンなのよ〜v-344

バチカン美術館は広いから時間がかかります。
効率的に回られたみたいで、大正解!!

私もローマに行ったら、ここだけは押えたいところの一つです。

ぽち☆

ayaさま

ayaさん、いらっしゃいませ〜v-252

ローマに行った気になってくれると嬉しいですi-179
よく『云百年前まで忘れられていた画家』とか居ますけどこれだけ展示物があればそういうのありそうですw
次のスターを再発掘するのもおもしろいかも!?

優雅に1日掛けて観れる日が来る気がしない……i-279

マンマ♪さま

アダムの大ファンとはこれまたマニアックですねi-237
会いに行けるアイドル、アダムw
i-236
本当に広いですよね!
この早足レポートを肯定さるとは、素直に喜びますi-185

また会いに行けるといいですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。