スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ、コンスタンティヌスの凱旋門とコロッセオ

パラティーノの丘を下るとフォロ・ロマーノに入りますが、フォロ・ロマーノからコロッセオとは反対のカンピドーリオ広場へ入る予定のため、後回しにしてコロッセオへ向かうことにしました。

警告:今回はとりわけスゴイ連発になります。コロッセオスゴイ!

1322_01.jpg

フォロ・ロマーノとコロッセオへ続く道の間に凱旋門。え、なんかショボ……ゲフッ。

1322_02.jpg

近づいてみると細かい装飾がおもしろい。二条城なんかの天井で見られる桃山文化の装飾にそっくりです。ここから伝わって来たんだなと歴史を感じます。

1322_03.jpg

ゲートを通っていざコロッセオへ。遠景から迫って来る感じが期待を煽ります。どうやらここのゲートは出口専用で再入場はできない様子でした。

1322_04.jpg

真っすぐ進むと目の前のコロッセオと凱旋門と剣闘士が! 有名な凱旋門はこちらでしたか。地球の歩き方に剣闘士にぼったくられたと書いてあったので目を合わせないようにして素通り。観光客がさっそく捕まってますね。

1322_05.jpg

どでかいコロッセオを横目に入り口へ向かいます。わくわくします! サマソニでマリンスタジアムが近づいてきた感じと同じくらいわくわくします! 新旧問わずスタジアムはわくわくします!

1322_06.jpg

剣闘士が居ない正面まで来てコンスタンティヌスの凱旋門をじっくり鑑賞。なんとかティヌスが多すぎて名前が覚えられません。いちいちwikiで検索して確認。ちなみになんとかの丘も多すぎて覚えられないのでwikiで確認しています。余談は置いといて本物はやっぱり写真の3倍スゴイ! デカイ! どっしりとしたただずまいに感動。これもフランスでエトワール凱旋門に影響をあたえたとかなんとか。

1322_07.jpg

装飾のディティールも重厚です。時間に限りがあってもゆっくり鑑賞してしまいました。

1322_08.jpg

さていよいよコロッセオへ!

1322_09.jpg

世界中のならず者が集まるという噂のスリのメッカ、コロッセオ。地球の歩き方で予習をしていた通りミサンガ売りなどがウロウロしています。センサーを張ってシューティングゲームのように妖しげな人を避け入り口へ直行。

1322_10.jpg

こんな馬車なんて今後も乗ることはないんだろうなぁ……。オラ、セレブになりてぇ。

1322_11.jpg

コロッセオに入るとアヤシゲな人は消えて観光客だけになりました。廊下からもう映画の世界です。パラティーノの丘の入り口で入場券を買っていましたがやはり並びました。ただしここで購入する場合はチケット売り場と2重に並ばなければいけないようなのでハイシーズンだとうんざりするかもしれません。噂のローマパスの入場口は並ばず入れていたので2日以上滞在する人はローマパスが便利だと思います。

1322_12.jpg

ついに内部へ。ブルース・リーの映画のあの感じ!

1322_13.jpg

1322_14.jpg

もちろん栄枯が盛衰した後なのでリドリー・スコットの映画のあの感じではありませんでした。ちょっと残念(何を期待していたのか)。

1322_15.jpg

1322_16.jpg

1322_17.jpg

1322_19.jpg

1322_20.jpg

1322_21.jpg

スタンドもスゴイけれど廊下もスゴイ。ここを大勢の人が行き来してたんだろうなぁ、と思いを馳せる。2000年前に現代と同じような、それどころか今現在模している建築が既にあるとは改めてスゴイ。イタリアスゴイ。

1322_22.jpg

1322_23.jpg

かなり急で足の踏み場の少ない階段を昇って上の階へ。世界中から来た大勢の観光客が2000年も行き来すればすり減って当たり前ですね。というかまだ使用していること自体すごい。

1322_24.jpg

上から見下ろした舞台。残念ながら奈落は一般公開していませんでした。運が良ければ公開している日にあたるかもしれませんね。ちなみに半壊しているのはユリウス2世がコロッセオから石材を持ち出して転用したとかなんとか、どこまで嘘か本当か分からないミケランジェロの小説に書いてありました。

1322_25.jpg

1322_26.jpg

上から眺めた外側の風景。凱旋門など遺跡全体の様子がよく分かり、見ていて楽しい。

1322_31.jpg

1322_28.jpg

声を掛けられないことをいいことに遠目からパチリ。剣闘士も不景気のようです。

1322_29.jpg

こんな通路を通って剣闘士達はリングに上がったのかな、なんて思いながらパチリ。おやおや?

1322_30.jpg

画面左に写っている水泡みたいなもの、もしやこれはオカルトの世界で云う『オーブ』ってヤツですかね。

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

古代ローマの偉大さを実感

フローレンスからボンジョルノ 古代ローマってほんとに実在したんだぁって実感する場所ですよねぇ。お疲れ様でしたにp

FLORENTIA55さま

そうですね。2000年も存在する建物って、ピラミッドといい、この時代の技術はすごいとしか言えませんね。
遺跡はワクワクしますね。ロマンですね!
あ、これが本当のroman!!!!!

No title

ミサンガ売り

「へーい!ナカ~タ~、ナガト~モ~」の言葉に
分かっちゃいるけど、つい振り向いてしまう自分


例外なく剣闘士も

「かっけぇ~!」
と男の子の心をくすぐります

ちなみにミサンガはただの糸の束が1000円でした…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mihajlo さま

ナガト~モ~って呼んでくれるとむしろミサンガ売りだと気付くのでいいですねw
ただの糸の束が1000円!? ミサンガですらないじゃないですかっww
剣闘士かっこいいですけどね、、、言葉が分からないフリをしてフレンドリーに逃げるという手はいかがでしょうか。

鍵コメさま

i-189暑中見舞い申し上げますi-189
そちらはそろそろ秋の予兆でしょうか。
関東は猛暑が再到来中です。
暑い〜っi-201

コンスタンティヌスの凱旋門

門の彫刻が素晴らしいですね。こんな近くで見られて羨ましいです。


剣闘士くんは一緒に写真を撮って、お金をもらっている仕事かしら?

こんなときは、望遠はタダだし、便利ですね〜。

ポチ☆

マンマ♪ さま

間近で観るとより迫力があるので、もし見学する機会があればぜひゆっくりご覧になってください

日本人はミッキーに写真を撮ってもらうのに慣れているためか、コロッセオのマスコットだと勘違いをして多額の請求をされるみたいです。知らないとひっかかっちゃいますよね

観るだけならタダですw
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。