スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ、サンタ・クローチェ聖堂

HISのGROMのクーポン券を使って日本と同じストラッチャテッラの味を確かめた後、サンタ・クローチェ聖堂へやってきました。が……閉まってる!?

1338_01.jpg

柵に囲まれた正門は閉ざされていて、階段に人が座って教会に背を向けています。またかぁ! と思いましたが、扉の前の柵に何か貼ってあるのに気付きました。もしかするとこの人達はまた何をするでもなく座っているだけなのかもしれない……とさすがに経験から学び、近づいて確認してみました。

『←ingresso(入り口)』と書いてありました。ほらーやっぱり! 正面向かって左手へ壁に沿って回るとチケット売り場があり入場できました。丁寧に入り口の表示をしてくれていた施設は後にも先にもここだけでした。イタリアの施設は一見入り口のような場所が閉まっていることが多いのでよく確認しましょう。

入場。私の大好きなミケちゃんはドコ!? とミケランジェロの墓へ猪突猛進。

1338_03.jpg

ミケランジェロ教の法皇ヴァザーリ様によるプロデュース作。目立つのですぐ分かります。マッチョなミケランジェロのシュミではなさそうな、ファンシーなピンクの天蓋の下中心にご本人様のブサイクな彫像。このなんとも言えない感じ……じわじわヴァザーリの魅力が分かってきました。

1338_02.jpg

ここで私は十字にひれ伏して大地に接吻してもいいくらいですが、そんなことを実行したら『KICHIGAI』というタグでYouTubeに投稿されてしまうので遠慮しておきました。

聖堂中に歴史的な著名人の墓がたくさんあり、床にもビッグな人の名前がさりげなくあったりしておぉと思いました。床に墓を据えるのは多くの人に踏んでもらうだけ天国へ行けるらしいからだそうです。ドMのミケちゃんのシュミはこっちのような気が。多すぎてどこにだれが居るのか分からないので、お目当ての人が居れば調べてきた方がいいです。イタリア史オタクはここで1日潰せるかと思います。

↑ さらっと書いたミケランジェロのドM疑惑

・仕事が辛いと愚痴りながら死ぬまで現役
クレメンス7世に健康に悪いから休めと言われても聞かない。

・金を持っているのに愚痴りながら荒行的な貧乏生活
父親に健康に悪いからやめろと言われても聞かない。

・近況報告は基本的に自虐ネタ
ぼっちアピールしていながら実は友達が多かったり。

・作品にもちょいちょい自虐ネタ
『勝利』でイケメンに足蹴にされている雑巾みたいなオヤジ、『最後の審判』の剥がされた生皮、『聖パオロの改心』で目を潰される聖パオロなどオール自画像。

・ハードルの高い仕事ほど完成度が高い
幾人もの作家が放棄し雨ざらしになっていた大理石で人類の至宝ダヴィデ様を完成。ましてやシスティーナ礼拝堂の天井画は一人の人間(しかもフレスコ業務未経験)が4年でできるものとは思えない。

以上の観点からミケランジェロが世界遺産を世に残したのはドMだったから達成できたのではないかと考察します。

ATTENZIONE!: このブログに書かれていることは全てミケ美の思い込みによる妄想の産物であり学術的検証は一切ございません。レポートのご参考にされるのは個人の自由ですが単位を落としても責任は負いかねます。

話が超脱線しましたが聖堂内部の鑑賞へ。ひとつひとつの礼拝堂の壁には見事な美術作品やステンドグラスで飾られています。どこかで観たことのある有名な作品がたくさんあって美術館のようです。

1338_04.jpg

1338_05.jpg

1338_06.jpg

1338_07.jpg

見て回っていると壁にかけられている絵画の照明が付いたり消えたりしていました。観光客が絵画の下にある箱に小銭を入れているのに気が付きました。より良く鑑賞したければワンコイン照明を付けてみるのもいいですが、明るい時間帯に来ればそのままで十分です。とはいえ既に付いてたらラッキー。遠慮せず鑑賞させてもらうべし。

奥には工房があって革製品の直売所があります。手頃な値段でMade in Italyの革小物が売られていてお土産に良いです。フィレンツェのユリのマークが入った素敵なお財布などがありました。自分用に買っておけばよかったです。

1338_09.jpg

広い庭もすてきです。ここの回廊にも墓がたくさんありました。異文化と歴史を感じて興味深く楽しめました。

1338_10.jpg

1338_11.jpg

時間短縮のため併設の美術館へは行きませんでしたが、それでもかなり広くて見応えがありました。ドゥオーモより少し離れた場所ですが、ぜひ足を運んでみてください。

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。