スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ、サン・ミニアート・アル・モンテ聖堂

サン・サルヴァトーレ・アル・モンテ教会よりさらに登り、丘の頂上『サン・ミニアート・アル・モンテ聖堂』へ向かいます。

共和国とメディチ家の攻防の際、ミケランジェロはフィレンツェが見渡せるサン・ミニアートの丘が防衛の要と考えそこに要塞を建てました。天王山といったところでしょうか。その五角形の要塞は後にヨーロッパ各地へ伝わり、海を渡って函館の五稜郭に影響を与えたと言われています。

地図を見るとサン・ミニアート・アル・モンテ聖堂の辺りに五角形の跡が見られます。場所がガイドブックなどに明記されていませんが、ミケが建てた要塞の跡地はここだろうと推測しました。

↓ google map 様より上空写真


大きな地図で見る

日本語だと丘と訳されていますがアル・モンテと言うくらいなので、坂を全て登りきるのは軽い山登りでした。城壁の前は公園のようになっていて、斜面でカップルがレジャーシート敷きねんごろしていました。白昼教会の前で堂々と。さすがイタリア。寺でデートする京都のカップルみたいなものでしょうか。べっ、別にっ、リア充爆発しろとかっ……はいすみません思いました。

入り口。どこからどこまで要塞跡なのか教会なのか分かりませんでした。メディチ家の紋章は陥落後に付けられたものでしょうか。

1340_01.jpg

車が普通に駐車してあるので事務所なのか教会なのか不安になりましたが、えいっと入ると教会らしき塔が見えて来ました。

1340_02.jpg

門をくぐると広がる絶景!

1340_03.jpg

山を登りきって見る頂上からの景色は爽快です。よくテレビで見る遠景はここからの眺望だったんですね。観光客はミケランジェロ広場へ流れて行くので空いています。穴場眺望スポット!

目線を下げると墓地だけど気にしない。

1340_04.jpg

頂上に構えるサン・ミニアート・アル・モンテ聖堂。白亜のファサードが青い空に映えてきれい。

1340_06.jpg

中に入ってみました。夕方に来たので薄暗くてよく見えませんでした。修学旅行生がいたので遠慮して写真を撮りませんでしたが、学生達はバシャバシャ写真を撮っていたのでヘンな遠慮をしなくてもよかったと後悔。

1340_07.jpg

書きかけのフレスコ画がそのまま残っていたりして面白かったです。

1340_08.jpg

地下聖堂。人が居なかったからこっそりパチリ。

1340_09.jpg

外に出るといい具合に陽が落ちてきていました。改めて景色を眺める。

1340_10.jpg

近くにいたカップルのお兄さんが写真を撮ってくださいというので撮ってあげました。そして代わりに母と記念写真を撮ってくれました。二人ともサングラスをしていたのでイタリア人かと思いましたが、聞き馴染みの無い言葉でシャターのカウントダウンをされていました。

「ニホンスキデス。ドコカラキマシタ? トーキョー? オオサカ?」

とニホンゴで話しかけてきてくれたのでトーキョーと答えると

「おおトーキョー!」と言われました。

多分オオサカでも同じ返答だったと思いますが、日本狭しといえど東京と大阪のミラノとナポリぐらいの文化の違いをヨーロッパの方も知っているようでした。

こちらからもどこの国から来たのか聞き返した方がよかったかな。礼儀知らずですみません。あのときのお兄さん、すてきな写真をありがとう。

どこらへんが要塞なのかと教会の周りをぐるっと回ってみました。

1340_11.jpg

1340_12.jpg

うぉ、墓地。こっ、怖くなんかないんだからねっ!

1340_13.jpg

さらに奥へ進んでみると……

1340_14.jpg

個室!?

1340_15.jpg

小さい教会みたいな立派なお墓がずらり。由緒正しい家が代々使用しているのでしょうか。様々な年代の様式が混在していて面白かったです。

1340_16.jpg

1340_17.jpg

1340_19.jpg

1340_18.jpg

お墓参りに来ているひとがちらほら。部外者はこれ以上は遠慮しておきましょうか。

1340_21.jpg

どうやらこの教会は霊園として利用されているようでした。だからガイドブックに詳しく載ってないのかな。公園みたいに綺麗で明るくて素敵な場所でした。

1340_22.jpg

来た道を戻ってたぶん要塞だった門をまたくぐる。すると例のリア充に代わり「空気なんか読むもんじゃねぇ、作るもんだ」といわんばかりにジャカジャカとギターをかきならしボンボコとタイコを打ちならしている音楽野郎二人組になっていました。Mi piace!(いいね!)

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ モザイク見事だったでしょう。素敵なお散歩楽しまれたようで何よりです。絶景フローレンスやっぱり良いわぁ。p

FLORENTIA55さま

モザイク……暗くてよく見えなかったんですよねぇ。
教会は朝来ないとダメですね。

第一次フィレンツェの旅もそろそろ終わりで寂しいです。
でも第二次がまたありますのでi-236

No title

イタリアのお墓って初めてみました

最後の方の写真みていると
薄い石の蓋がしてあるだけみたいな感じになってますけど

変な話ですが、蓋の下にはいきなり
眠っていらっしゃるんでしょうかね?

だとしたら、かなり無防備?な感じのような

しかしパルテノン神殿みたいな個室のお墓も
ゴージャスでいいですね
どこぞの貴族様のお墓でしょうかね

mihajloさま

確かに、、、
蓋がしてあるだけに見えますね。
想像するとホラーです。

個室のお墓ってめずらしいですよね。
個性的でおもしろかったです。

でも一般の方のお墓なのでぜひ行ってみて下さいとはいえませんね……

No title

ウイーンの墓地は、日本と変わらない感じでしたが、
ここの墓地は、歴史を感じます。さすがです!!

フィレンツェの有名な絶景は、ここからだったんですね。
ステキです♪

ミケランジェロ好きな、ミケちゃんのレポートは
奥が深くてためになります。

今年も楽しく拝見させていただき、ありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。

マンマ♪さま

ウィーンってスゴそうな響きですが、そんな感じなんですね。
ガイドブックやTVで観たことが無かったので、意外なおもしろスポットを発見しました。

フィレンツェに入ってからすっかりミケランジェロ教ブログになってしまったので、みなさんがドン引いてないか気にしつつも好き放題書いています。

こちらこそお世話になり、ありがとうございました。
マンマさんのコメントで大変励みになった1年でした。
来年もよろしくおねがいしますi-189
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。