スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア、メストレ駅付近のホテルから本島までバス移動

メストレ駅より徒歩15分の『ホテル・アッラ・ジュスティーチア』に到着し、まずは地球の歩き方を読んで電車の乗り方を確認。切符を買う時のフレーズはイタリア語検定で勉強したし、なんとかなるかな。

とりあえず駅まで歩いて行けばいいのかなと部屋を出ると、タクシーを乗り合いした親子と会いました。ホテルの人から「ヴェネツィアまではホテルの前のキオスクで券を買ってバスで終点まで行く」と言われたと教えてくれました。初ローカル駅のハードルからさらに高い初ローカルバス……一応こんなこともあろうかと乗り方調べておいたし。なんとかなるかな。

フロントへ行くと教えてもらったように英語で説明を受けました。イタリア人の英語は聞き取り易い! 英検3級でもだいじょうぶ。

「あけおーらこみんちゃらこらつぃおーね?(朝食は何時から始まりますか)」
と朝食の時間を聞いたら7:15分と言われました。15分は何なんだろうと思いましたが、まぁそのうち分かりました。

ちなみにこれ「A che ora comincia lo spettacolo?」というキクタンのフレーズが耳に残っているので得意。キクタンはamazonのレビューなんかにめげないで中級編とフレーズ集も出して欲しいです。

ホテルを出てまずバス停の乗り場と降り場を確認。行きは終点でも帰りは途中下車。イタリアどころか日本でさえ初めて行く場所のローカルバスはちゃんと降りれるか不安です。この駅は『Milanese』というらしい。ヴェネツィアなのにミラネーゼ? 銀座がいっぱいあるようなものと同じかな。

そしてすぐ近くのエディコーラ(キオスクみたいな新聞屋)へ行って切符を買いに行きました。「アンダータ エ リトルノ(往復)」と告げる。苦手なフレーズでしたがちゃんと覚えておいてよかった。まさかの時のさすが『実用』イタリア語検定。イタリアの切符売り場は早い時間に閉まるらしいので必ず往復券を買いましょう。

するとバスだけかヴァポレット(水上バス)込みかと聞かれました。1日目は歩いて観光し2日目にヴァポレットで島めぐりをする予定だったので、バスだけを買いました。

バスは間もなく来ました。券を入り口にある機械にかざすとか入れるとか学習して来たことを実践。ここはかざすタイプでしたがちゃんと動作しているのか分かりませんでした。これでいいのかなと乗車。けっこう混んでいました。帰りのために風景を覚えておきたかったのですが窓が見えずだめでした。バスは防犯のために避けて来ましたがしょうがない。スリに気をつけながら終点を目指しました。

混んでいましたがローカルバスなので途中で客は降りて行き、母は座席に座りました。しばらくすると小さい子供を3,4人連れた家族が乗って来て、母が子供に席を譲りました。すると旦那が「アリガトウゴザイマス」とニホンゴで話しかけて来ました。

「ツマハ ニホンゴノ センセイ デシタ。
イチネン ベンキョウ サセラレマシタ。
モウ ヤリタクナイw」
とかなりお上手。

「すとぅーでぃお いたりあーの だ めっぞ あんの(イタリア語を勉強して半年です)」
と言うと

「アナタノ イタリアゴノ レッスンハ イクラ デスカ?」
と聞かれたので

「だそーろ(独学で)」
と答えました。

「イタリア語一人で半年勉強してるんだってー!」と妻にゴキゲンに話しかける旦那。奥さんはあーハイハイと軽くあしらって幼児たちの相手をしていました。イタリアーノは浮気性とかなんとか言われていますが、コミュニケーション能力が高いと言った方が正しいと思いました。そしてわんぱく坊主の世話を焼いている横で外国人の若い娘とおしゃべりする夫にいちいちイライラしない、イタリアーナの大人力の高さを見習おうと思いました。

そのあと女性は「solo」じゃなくて「sola」だよと教えてくれました。ああそうだ。イタリア語のテキストは基本男性形で表示されているので男言葉で話していたことに気付きました。オレ、ミケ美。ワイルドだぜぇ。

やがてバスはヴェネツィア本島への橋を渡り始めました。

1404_02.jpg

……すみません、、、まだ見ぬヴェネツィアへ思いを馳せる方の夢を壊す発言をします。

江の島みたい〜〜っ!ww

アドリア海……青い空に鮮やかな海の色を勝手に想像していましたが、真っ白な曇り空に銀色の海、ぽつぽつと浮かぶ小さい島が日本の海、江の島にそっくりでした。「日本のアドリア海」とかキャッチフレーズを付けたら江の島はますます商売繁盛するかもしれません。

電車でヴェネツィアに入ると風景が良いと聞きましたが、バスでも同じ橋を渡るので同じだと思います。そして江の電に乗ったことのある人には珍しいものでもないかも。旅番組の女優さんみたいにマルコ・ポーロ空港から船でサン・マルコ広場へ直通するルートが一番感動するんだろうなぁと思います。

橋を渡ってついに水の都ヴェネツィアのバスターミナルに到着。

1404_01.jpg

子供たちが「サヨナラ〜」と元気に手を振りながら去っていきました。私は子供も若者にカウントしているので老人に席を譲るべきという教育方針を持っていましたが、母すごいな。改めてこの激動の昭和を生きた自分の母を尊敬しました。

バスを降りて帰りの乗り場と何駅目で降りればいいのかチェック。このバス停の表示から得た情報が最後にやらかすことになろうとは、この時は思いもしないのでありました。

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ メストレ近くに ミラーノという駅があります。でも MIRANOなんです。 そのミラノ RそれともL? ちょっと疑問が生まれました。ベニス観光いよいよスタートですね。楽しみにしてます。p

ミケ美さんへ

ミケ美さんへ
 いつも楽しく拝読しています!
絵も、そのまま本の挿絵になりそうな・・やさしいタッチがいいですね!
これからも楽しみにしています!!
びょんびょんでした(^・^)

FLORENTIA55さま

あそこはMIRANOだったんですね!
ミラノのスペルをしょっちゅう間違えるのは、ここの想い出が原因だったと分かりました。
モヤモヤが晴れて感謝です。
これでもうスペルを間違えません。

byonbyonさま

byonbyonさま、いらっしゃいませi-189
ご感想ありがとうございます♪
写真が無い時に絵が登場しますw
楽しみにしてくださると嬉しいです。

またお越し下さいませ
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。