スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア、il graffioで自分へのお土産購入

サン・ロッコ大信徒会から歩いてお土産を買いに『il graffio』を目指しました。るるぶに載っていたライオンの置物をゲットするのが目的です。

お土産探しは『るるぶ』が一番参考になりました。
← 最新版は見ていませんが内容はそれほど変わらないかな?
イタリアで日本人が求める『安い、かわいい、お手軽』なお土産を探すのはかなり難航します。配る用のお土産はスーパーか空港で探すのが楽です。自分用はガイドブックを見て、あらかじめお店を決めて行くのがスムーズだと思います。

ここらへんなんだけどなぁと思う通りにやってきましたが、それらしきお店は見当たらずまたぐるぐる巡回しました。一つ隣の路地に入って進んで行くと、甲冑やら花や置いてあるにぎやかな家がありました。ここかな? と思って見ていると家から老夫婦が出て来ました。

ここはお店(negozio)ですか? と聞くと、店は隣の通りだとさっきウロウロしていたところを指さされました。やっぱりあそこらへんであってたのか。そしてこの賑やかなエントランスはただのシュミだったのか。

教えてもらった通りに戻り、あらためて付近のお店を調べる。ショーウィンドウに手芸教室の生徒作品かと思うようなフェルトのキャラクターが置いてあり、ボールペンで『HAND MADE』と書かれたノートの切れ端らしき紙が据えられているお店があるのですが、、、もしやこれ? 位置的にもここっぽい。

↓ google earth より画像拝借

1417_01.jpg

えいっと入ってみると、中は吉祥寺によくあるおしゃれ雑貨のセレクトショップみたいな感じでした。どうやら正解のようです。景観保護のため看板を出しては行けない条例でも出ているでしょうか。

穏やかなアート系な感じのお兄さんが出て来たので、見て回ってもいいかと許可をとる。柔和なスマイルでどうぞと言われました。イタリアの個人商店では挨拶無しに勝手に見るのはNGなので注意。

ショーウィンドウに飾られていたフェルトのキャラクターの棚にトトロがあったので、思わず「トトロ!」と叫んだらニッコリされました。ルパンIII世、スーパーマリオ、そしてトトロ。昨今の日本政府のメディア戦略を『クールジャパンww』とか思ってましたが、この大御所たちはクールどころがグレイトジャパンです。

店内は所狭しと雑貨が並んでいますが値段が着いておらず、気になったものは値段を確認しました。価格はピンキリな感じで探せば6€程度でお宝が見つかりました。

お目当てのライオンの置物は紫が1つだけありました。ガイドブックに載っていた青が欲しかったので聞いたらもうそれしかないとのこと。きっとるるぶを見た日本人が買っていったのでしょう。まあいいやと最後の1個の紫を購入。

お兄さんが柔和なスマイルで「ボクの手作りです」と言っていました。このお店のもの全部一人でつくってるんだ! すごい! と思いましたが、るるぶを見ると『イタリアの各種工芸作家の作品を販売する』って書いてありますね。そりゃそうか。だから値段にバラつきがあったんですね。ということは、私が目をつけたライオンくんの作家先生ご本人様だったってことじゃないですか! わぉ、お名刺もらえばよかった。

レジで支払いをすると『◯◯.20』と言われました。いつもこの冒頭の◯◯(€)が聞き取りづらくて小数点のチェントと間違えてしまうのであります。デザイナーズ雑貨だからそのくらいするのだろうと思って20€を出したら、「え、こんなに?」と戸惑われておつりを渡されました。むしろそんなに安くていいんすか、 日本でデザイナーズなんちゃらってエライ強気な値段で売ってますよ。イタリア人は計算ができないからお釣をくすねるとか聞いてきましたが、この旅ではそういうことは無く、出逢ったみなさん丁寧な方々でした。ローマのあのレストラン以外。

こちらが購入したグッズ。値段の割にすごい質が良くてかわいい。しかも1点ものです。この旅の収穫!

1417_02.jpg

ほんとうにステキなので、きっとこのお兄さんはそのうち売れっ子になってミラノとか行っちゃうんだろうなと思いました。なので現在ライオンくんは置いてあるか分かりませんが、探せばお宝がみつかるお店です。オススメ!

『Il Graffio』 場所:Dorsoduro 3186, 30123 Venezia


大きな地図で見る

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ 計画通りにお土産げがゲット出来たって大満足な事ではないでしょうか!素敵な交流も出来て良かったですね。旅の醍醐味を満喫にP

FLORENTIA55さま

ヨーロッパだとアジア人みたいなお土産文化が無いっぽい感じですね。
アジア人向けの土産やつくったらバカ売れすると思います。
なんでも商売につなげて物を思う消費文化の平たい顔族。

No title

ヴェネツィアって魅力的なお店がたくさんあって
ショーウインドウ越しに覗いていましたが

結局、なんか敷居が高そうで
入る度胸がありませんでした

でも意外と安価で買えたりするんですね
やっぱり下調べは重要ですね

mihajloさま

イタリアのお店って看板出てないし、
値段もついてなかったりして、
店も狭くて店員さんと1対1とか、
『買いに』行かないと入れない雰囲気ですよね。

解放的で不特定多数の人が行きできる、
日本はそれほど平和なんでしょうね〜

No title

フローレンスからボンジョルノ GWお楽しみの真っ最中でしょうか。。。素敵なイタリアの旅だったようでホントに良かったですよね。1年位して更に納得するのが旅の醍醐味かもしれませんね。p

FLORENTIA55さま

FLORENTIA55さま、ゴルデンウィークお見舞いありがとうございますv-353
イタリアにもGWってあるんでしょうか?
ブログを書くと2回旅が出来てより楽しいですね♪

No title

手作り一点もの、Getですね!!
個人のお店に入ると、いろいろ話ができていいですね。

私なんて、スーパーで売っているお土産を喜ぶ家族なので味気ないですよ〜。

ポチ☆

マンマ♪さま

特別なものは自分専用ですよ〜i-239
もうらう方としても、ナゾの置物とかよりスーパーのお菓子の方が嬉しかったりしますしw
いいお店は(悪いお店も)店員さんの印象が想い出になりますよね。
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。