スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア、ドゥカーレ宮殿内部

ヴァポレットでサン・マルコ広場に到着。昨日閉館時間で入れなかったドゥカーレ宮殿にリベンジです。

中へ入るとBorsa(鞄)を預けるように言われました。ハンドバックと大差無いBorsello(小さい鞄)だと思いますが、形状がリュックであれば手荷物と見なされるようです。ウエストポーチに関しては何も言われませんでした。

指示されてクロークへ並ぶと、コンテナに客の荷物がぼんぼこ突っ込まれていました。不特定多数の荷物にまみれて簡単に盗まれそうです。え、これに入れるの……ヤダなぁ…………と思いつつもしぶしぶ従い、運だなと腹をくくる。水とガイドブックくらいしか入ってないし。

まずは中庭を鑑賞。宮殿というだけありゴッテリとして手の込んだつくり。

1419_01.jpg

1419_02.jpg

1419_03.jpg

さらっと眺めて内部へ。

内部は写真撮影禁止なのでホームページより画像拝借。

広くてゴテゴテしていました。そして団体客が多かったです。ヴェネツィア総督らしい人達がズラリ描かれている部屋など、ヴェネツィア独自の歴史を感じられて面白かったです。

1419_05.jpg

1419_06.jpg

1419_07.jpg

お目当てのティントレットの『天国』がある部屋へ。ホームページのヴィジュアルツアーで辿り着けなかったのでwikipedia様より画像拝借。

1419_09.jpg

なんか、集合写真って感じの絵でした。
私、ティントレットのファン……? だったハズ、なんですけど。

結論:ティントレットを観る前にシスティーナ礼拝堂へ行ってはいけない。

進んで行くと牢獄に入りました。ホームページより画像拝借。

1419_08.jpg

かなり入り組んでいて迷路のようでした。壁に刻まれたらくがきなどが生々しく、暗くて不気味な雰囲気が面白かったです。きんきらの宮殿との対比で、ヴェネツィアの明暗を感じ興味深く楽しめました。

出口にはバールが併設されていました。ちょうどお昼時なのでここで食事。

ガラスケースにあったキッシュみたいなものがおいしそうだったので注文。名前が分からないのですが、これめちゃくちゃ美味しかったです。中のチーズがとろーっとしてサクサクの生地の食感ととても合う。また食べたい。

1419_04.jpg

日本で美術館のカフェというと、お高い割に味がイマイチなイメージですが、ここは逆。安くて美味しい! 他の美術館では入っていないので分かりませんが、ミュージアムカフェおすすめです。

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ のしのしと床の揺れを感じながらの見学いかがでしたか。天井画に感動以上のものがあっち&こっちに或るものねぇ。バールでの美味しい時間良いですねぇ。素敵な思い出に大変身する瞬間でしょうか。。。p

No title

ヨーロッパの美術館カフェは、穴場ですよね。

日本の感覚だとミケちゃんのおっしゃる通り、まずくて高いイメージですけど。

で、お荷物大丈夫でした?

ぽち☆

FLORENTIA55さま

床、揺れるんですか?
全然気付かなかったですv-356
たしかに、牢屋がおもしろかったです。
他の美術館のバールにも寄ってみたいです。

マンマ♪ さま

安くてサービスもいいので良いですよね。
想い出に残りますし^ ^
あ、荷物の話題を書くの忘れてましたw
無事でよかったです。
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。