スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア、ムラーノ島からとんぼ帰り

ヴェネツィアングラスの産地、ムラーノ島に到着。ララチッタの地図によると、運河沿いに進むとガラス美術館に着くようです。時間が無いので足早で向かいました。

1421_01.jpg

ヴェネツィアングラスの島……とだけ聞くとキラキラして華やかな響きですが、行ってみるとドラクエのほこらの音楽でも流れて来そうな感じでした。本島も不景気っぽかったですが、離島の人の少なさっぷりは……。

ちなみにムラーノ島がガラスの産地なのは、その昔、技術の流出を防ぐためにムラーノ島に工房を集めた、つまりは職人をこの島に監禁したとかなんとか。歴史的背景からしてもますますほこらっぽい感じです。

ムラーノ島はドラクエの『ほこら』っぽかった!

ヴェネツィアングラスの街をアピールするナゾのパブリックアートがローカル色を一層濃く漂わせています。

1421_02.jpg

歩いているとなかなか壮麗な眺めの場所に来ました。ムラーノ大運河という撮影スポットらしい。

1421_3.jpg

人がいない……。そして空模様がますます不穏な色を帯びて来ました。お墓の島のサン・ミケーレ島には毒の沼地とかあるのでしょうか。でも小さなメダルいっぱい落ちてそうですね。

こんな調子で歩いているとまた時間を喰ってしまいました。ガラス美術館の近くまでくるとヴァポレットの停留所がありました。その名も『MUSEO(美術館)』。

1421_04.jpg

見てみるとS.Zaccariaへ直通が出ているようです。ここで降りれば良かったわ。

1421_05.jpg

本数が少なかったので帰りの時刻表をチェック。ゴンドラ・セレナーデに間に合うための余裕を考えると、美術館へ行って中に入らず終わりということになるようです。

それでも意地で美術館へ行き、エントランスのミュージアムショップを眺めて引き返しました。入り口にもガラスの壷やらなにやら飾ってあるので、行っただけでガラス鑑賞をした気分にはなれました。

帰り際にどしゃぶりの雨が降って来ました。

1421_10.jpg

傘もってきといてよかった。イタリアの朝のニュースの天気予報は、明らかに外が曇っていても晴れると言うので自分の直感を信じた方が良いです。

この調子ではゴンドラ・セレナーデ中止でしょうが、ゲリラ豪雨に似た感じだったのですぐ止むだろうと思い、とりあえずは本島のスキアヴォーニ河岸へ戻ることにしました。そしてガラス博物館近くでヴァポレットに乗車。もちろん看板には出れないので初船内です。

椅子に腰を降ろして5分過たないうちにウトウトし、すっかり眠りこけてしまいました。不覚。スリの多いイタリアでは乗り物で絶対眠らないと決めてきましたが、どうやら昨日の教訓で飲んで来た酔い止め薬が効いてしまったようです。

幸い危険なことはありませんでしたが、酔い止めは飲まない覚悟で挑んだ方が良いと思いました。船酔いする人にはヴァポレットはつらいかもしれません。ただし私が実際に酔ったのは待合室だけなので、それさえ避ければ大丈夫かとは思います。

本島へ戻るとすっかり雨が止んでいました。

1421_06.jpg

1421_07.jpg

1421_08.jpg

やはり通り雨だったようでヨカッタヨカッタ。これでゴンドラにも乗れなかったら何しにヴェネツィアまで来たんだか。

まだ集合時間まで余裕が合ったので、付近のサン・ザッカリア教会へ行ってみることにしました。

1421_09.jpg

閉まっていました……。開館時間の案内よりもまだ1時間以上あります。

しょうがないなと思い、もう一つ近くにある教会へ行ってみましたが、そこも閉まっていました。 泥水で汚れるからですかね。。。

ヴェネツィアの教会は雨が降ると閉館時間前でも閉まった!

イタリアだししょうがないと付近のお店をぶらぶらして時間を潰すことにしました。何が起きても『イタリアだししょうがない』で済まされる、これぞイタリアクオリティ。

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ 旅の醍醐味ってこういうハプニングでしょうか。素敵な一日に最終的には変身するんですよねぇ。お疲れ様でした。p

FLORENTIA55さま

この物事がスムーズに進まないところが、またイタリアの魅力なんですよね。
次はこうしよう、と、『次』のことを考えてしまうという。
人生の醍醐味と同じですね。

No title

天候も相まってか
ホントにドラクエのほこらの様ですね

寂しげな音楽が流れていて
水に飛び込んだら、遠くの地にワープしそうですね


それにしても町の雰囲気がいいですね
住むのは何かと大変そうですが
リタイア後にのんびり暮らしてみたいです

mihajloさま

ヴェネツィア総督に気に入られると魔法の鍵がもらえるんですね。
本島と離島をつなぐそんな便利な交通網があったとは!

写真はヴェネツィアが一番絵になります。
ヴェネツィアに移住できるセレブになりたいです。
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。