スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア、ゴンドラ・セレナーデ

ふらふらしているとゴンドラ・セレナーデの時間になりました。集合場所はいつものヴァポレット乗り場S.Zaccaria横のゴンドラ乗り場です。

1422_01.jpg

ゴンドラってこういう路地↑で捕まえてのるものと思っていました。専用の乗り場があったとは。

ヴェネツィアの象徴ゴンドラ、せっかく行ったのなら乗らなきゃ損。しかしゴンドラの乗り方は交渉で料金を決めるとか、それがボッタクリに高いとか、色々ガイドブックに書いてあり、語学が堪能でないと捕まえるの難しそうだと思いました。HISで探したオプショナルツアー『ゴンドラ・セレナーデ』だと安心の料金固定なのでこれがいいかと、Ciao!の予約の時に一緒に注文をしておきました。あ、今HISのホームページがウイルスに感染しているとかなんとからしいので、検索の際はご注意を。

集合場所へ行くと日本人のガイドさんが居てツアーの説明を受けました。どうやら全員揃っていないようで10分程ゴンドラ乗り場で待たされました。ゴンドラ乗り場はディズニーランドの乗り物乗り場みたいな感じで、ツアーでなくてもここから乗れば難しいことはなさそうだと思いました。

とうとう2名が来なかったので出発です。先ほどの雨で諦めちゃったんでしょうか。モッタイナイ。

1422_02.jpg

先頭の席になりました。らっきー。ゴンドリエーレの真ん前です。ゴンドリエーレというとカンカン帽にボーダーシャツのイメージですが、冬服は黒い上着に帽子は指定無し? のようです。

1422_03.jpg

1422_04.jpg

1422_05.jpg

先頭だと思いきや岸を離れるとゴンドラがくるっと回って最後尾になりました。ゴンドリエーレは船尾で漕ぐもののようです。先頭をキープしたければわざと遅れて乗るのがいいかと。

1422_06.jpg

乗り場からゴンドラが続々と連なって離れて行きます。

1422_07.jpg

1422_08.jpg

1422_9.jpg

憧れのヴェネツィアの夕陽はこの写真だけ見るとそのものなのですが、実際は想像していたものと違いました。

1422_10.jpg

高い建物が低くて島の地平線が見渡せる運河からは、ヴェネツィア全土が紅く染まるのでは無く、一部が夕暮れで、その反対はまだ青空が広がっていました。おもしろい。

舟はかの有名な溜め息の橋をくぐって路地へ行きます。

1422_11.jpg

1422_12.jpg

ガイドブックに『ゴンドラから見るサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の絶景にうっとり!』なんて書いてあり、勝手にゴンドラは運河を渡るものと思い込んでいたので、そっちに行くの? と思いました。改めて考えたら溜め息橋をゴンドラで通るなんて豪華な体験です。ゴンドラ・セレナーデの特別コースなのでしょうか。

ゴンドラといえばゴンドリエーレが歌うカンツォーネが有名。リクエストしたら歌を歌ってくれるのかなと思っていたら、ゴンドラ・セレナーデには歌手とアコーディオン奏者が同乗して生演奏を披露してくれました。乗車時間中ずっとです。なんて贅沢なBGM。

狭いベネツィア迷宮の運河に浪々とした歌声を響かせながら進む、日本人達を乗せた三艘のゴンドラはものすごい目立ちます。橋をくぐる度に大注目を浴びてシャッターをきられました。

1422_14.jpg

もうこの瞬間にも我々の画像が世界中のSNSに出回っていることでしょう。恥ずかしい。

最後尾になってしまったため写真を撮ると必然的に前列の人たちが夢中で写真を撮っている姿が写ります。最後尾は通り過ぎた後ろの風景かゴンドリエーレを撮るしかない。写真のストックがこのシニョールのファンクラブみたいになっています。

1422_15.jpg

1422_16.jpg

通り過ぎる建物の目線が間近で、ヴェネツィアの人の暮らしを感じられて楽しい。

1422_17.jpg

歩いたヴェネツィア大迷路の道を運河から見ると、また違った風情があります。

1422_18.jpg

運河で客待ちをしているゴンドリエーレ達とすれ違うと、こちらも舟を漕ぎながらお互いに声を掛け合っていて、ネットワークがあるんだなと思いました。

真ん中の舟に歌手が乗っています。同乗に当たった人いいなぁ。

1422_19.jpg

しばらく奥まで進むとUターンしてツアーは終了。

1422_20.jpg

1422_21.jpg

1422_22.jpg

舟はS.Zaccariaのゴンドラ乗り場に戻ります。降りると歌手におひねりをあげることに。帽子に小銭を入れると笑顔でお礼を言われました。額ではなく形式なんですね。この生歌のサービスは本当に最高でした。これだけでもゴンドラ・セレナーデを予約する価値あります!

ちなみにオプションの夕食の必要は……次回詳しく書きます。

ブログランキングに参加中です
応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フローレンスからボンジョルノ 素敵な思い出が増えましたねぇ。旅人を満喫されたベネチアとっても良いですねぇ。ロマンチックなゴンドラにp 

No title

ゴンドラ体験は、まだです。いいな〜。うらやましいわ〜。

ゴンドラセレナーデは、当たりでしたね♪

ぽち☆

FLORENTIA55さま

ヴェネツィアは旅人満喫できる街ですね♪
ロマンチックなゴンドラは……自分でチャーターですね。
エレクトロニカルパレードのキャラクターになった気分でした。

マンマ♪さま

ゴンドラは憧れですからね〜
生歌はゴンドラセレナーデならではです。
オペラ好きのマンマさんもきっと気に入ると思いますよ^^
プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。