スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

METライブビューイング『テンペスト』

先月METライブビューイングで現代オペラの『テンペスト』を観に行きました。

最近はすっかり割安で観れる東劇のアンコール上映をアテにしていますが、昨年の『サティアグラハ』のアンコール上映日が平日の昼という扱いだったので、現代オペラは観とかないとと思い足を運びました。

1301_01.jpg
「テンペスト」(アデス作曲)
収録:2012年12月10日 メトロポリタン歌劇場
指揮:トーマス・アデス
演出:ロベール・ルパージュ
プロスペロー:サイモン・キーンリーサイド
アリエル:オードリー・ルーナ
カリバン:アラン・オーク
ミランダ:イザベル・レナード
フェルディナンド:アレック・シュレイダー
アントーニオ:トビー・スペンス
セバスチャン:クリストファー・ファイガム
ナポリ王:ウィリアム・バーデン
ゴンザーロ:ジョン・デル・カルロ
ステファノ:ケヴィン・バーデット
トリンキュロー:イェスティン・デイヴィーズ

ストーリー
ミラノ大公であったプロスペローは弟アントーニオとナポリ王の共謀により失墜し、ゴンザーロの助力で亡命し娘ミランダと共に魔法の島へ漂着する。そこで原住民のカリバンから魔力を奪い、妖精アリエルを従えて復讐を企む。しかし娘ミランダは政敵であるナポリ王の息子フェルディナンドと結婚し、魔法により息子を失ったナポリ王の心情を読むと次第に復讐心が揺らいで行く。

1301_00.jpg

初演時と同じサイモン・キーンリーサイドの起用、リングシリーズを手掛けたロベール・ルパージュによる演出、さらに昨年の『エンチャンテッド・アイランド』と同じ主題ということで、この公演へのMETの意気込みが感じられます。

私がよく称するRシュトラウスのパクリみたいな現代オペラなんですけどサイモンが主役なんだもんっ、観に行くに決まってんじゃないっすかぁ〜っ♪ それにルパージュの演出は一度観て観たかったので興味が涌きました。

面白かったです。ただこういった、音楽というよりも劇として楽しむ現代オペラは映像で鑑賞するよりもライブの方が迫力があっていいだろうなと感じました。

またマニアックな話題なのでオタトーーク!に興味がある方は続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : オペラ・バレエ
ジャンル : 旅行

METライブビューイング『ラ・ボエーム』

東劇のMETライブビューイングアンコール上映でラ・ボエームを観てきました。

今シーズンもいよいよ11月から始まりますよ〜♪
詳しくはMETライブビューイング公式ホームページで。

今シーズンで初めて3枚セット券を買ってみたのですが、こんなにオシャレなチケットだったら前回も買っておけばよかったです。てっきりローチケみたいな紙切れかと思っていました。ディーマのイケメンチケットゲット〜♪

016-06.jpg

しかも本人以外2席以上も予約できます。ココで重要なのが、事前に窓口で予約しなければいけないということ。ホームページに『当日は利用できません』みたいなことが書いてあったので、セット券を購入した日がダメなのかと勘違いしていたのですが、観覧する当日券で使用できないということのようです(たぶん。ややこしくて断定できない……)。500円の割引はデカイ! 次回から利用しよっと♪

「ラ・ボエーム」(プッチーニ作曲)
収録:2008年4月5日 メトロポリタン歌劇場
演出:フランコ・ゼッフィレッリ
指揮:ニコラ・ルイゾッティ
ミミ:アンジェラ・ゲオルギュー
ロドルフォ:ラモン・ヴァルガス
ムゼッタ:アインホア・アルテタ
マルチェッロ:ルドヴィク・テツェール
ショナール:キン・ケルセン
コルリーネ:オレン・グラドゥス

ストーリー
詩人のマンリーコはボヘミア仲間たちと貧乏生活を楽しんでいる。クリスマスの日に近所で一人暮らしをしているお針子のミミと出会い、二人は同棲を始める。しかしミミは結核を患っており、売れない詩人のマンリーコには養ってやる金がない。その苛立ちからマンリーコはミミに手を上げるようになり、二人は愛し合っているが別れを決心する。

016_0.jpg

実はこの舞台が観たくて10月にスカラ座&イタリア旅行へ行く計画を考えていたのですが、おじゃんになってしまいました。そのまさに同じ月に同じ演出、さらに同じく主演ゲオルギューというボエームがMETライブアンコールで上映されました。これはまさしく日本の東劇で観ろというゼフィ先生のお告げだ、ということで行ってきました。

たとえ映画館といえども大満足です♪
しかもファンに嬉しい特典映像満載。
Evviva, MET!

感想は続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : オペラ・バレエ
ジャンル : 旅行

METライブビューイング『イル・トロヴァトーレ』

銀座東劇で開催中のMETライブビューイングアンコール上映でイル・トロヴァトーレを観てきました。

METライブビューイング公式ホームページ
まだ前シーズンのプログラム表示ですが、そろそろ来シーズンのものに更新されるはず。

METライブについて軽くご紹介すると、ニューヨーク、メトロポリタンオペラ歌劇場(通称MET)の演目を映画館で観るものです。つまりは日本に居ながら最新の演出と今まさに旬なスターの舞台が、お手頃価格(1演目¥3,500)で楽しめるわけです。wowowで観ればいいって? いえいえ、映画館の服の繊維まで見える大スクリーン&大音響で観るオペラは格別なのですよ!

カメラアングルは映画さながらで映像としてもクオリティが高いです。 METは古典の精神を踏襲しながらエンターテイメントあり、どなたでも楽しめる舞台だと思います。オペラを観てみたいけどよく分からない、なんて初心者の方にもオススメです。どうも最近のドイツ系の劇場とかはオタク臭……ゲフッゴフッなんっでもございません!

で、去年から東劇だけで始まったっぽいこのアンコール上映では、過去の演目からチョイスした作品を¥3000で観れます。見逃した作品を観るチャンスです。もしや来年もやる気だったらアンコール上映まで待った方がオトクな気がしますが……。

アンコール上映について詳しい日程などは コチラ

イル・トロヴァトーレはまだ 9/26(水) 18:00〜 の上映があります。

「イル・トロヴァトーレ」(ヴェルディ作曲)
収録:2011年4月30日 メトロポリタン歌劇場
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
指揮:マルコ・アルミリアート
マンリーコ:マルセロ・アルヴァレス
レオノーラ:ソンドラ・ラドヴァノフスキー
ルーナ伯爵:ディミトリ・ホヴォロストフスキー
アズチェーナ:ドローラ・ザジック
フェランド:シュテファン・コツァーン
イネス:マリア・ジフチャク

ストーリー
ルーナ伯爵には弟が居たのだが、幼いうちにあるジプシー女によって殺されてしまった。死んだ父親から、きっと生きているから探し出せ、と遺言を受けたが未だに見つからない。ある日伯爵の恋的マンリーコは恋人レオノーラを争って負傷をする。死んだと噂されたマンリーコを迎えた母アズチェーナは、昔ルーナ伯爵の父に母が殺され、復讐の為にその子供を手にかけようとしたが、誤って自分の子供を殺してしまったという過去を告白をする。

ホロストフスキーのトロヴァトーレw

トロヴァトーレはCDで聴いてはいましたが舞台を観たのはお初です。付属の台本を読んでたいして面白くない話だなと思っていました。ただしこの舞台は面白いと評判で、ルーナ伯爵はホロストフスキーのレパートリーとして有名なので観に行きました。

いや、かなり面白かったです!
面白すぎて尊敬するヴェルディ大先生の影を忘れたほどでしたw
このキャラオペラは文章で吟味するもんじゃないです、動画で観るもんだw

マクヴィカーの演出はたぶん(忘れていなければ)初見でしたが、正統派で誰にでもおすすめできます。全体的に気取ったところが無くていい舞台でした。色々ツッコミ所が多すぎる話なんですけど、それをどこまでもマジメにやり通す、それがたまらなく面白い! これセーリア(悲劇)じゃないですよブッファ(喜劇)ですよw トロヴァトーレ初めて見ましたがこれが決定版でイイんじゃないでしょうか、 オススメ!!

長いので続きを読むをクリックしてください。

続きを読む

テーマ : Giuseppe Verdi
ジャンル : 音楽

プロフィール

ミケ美

Author:ミケ美

ブログランキング

ブログランキングに参加中。応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ
記事検索
更新日 (2012'5~)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
CONTACT
お気に入りリンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。